スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月から6月

今日で5月が終わる。

明日から6月。

このまま梅雨になりそうな感じ。

その前に買うぞ!!

除湿乾燥機!!!

暇な時を探すぞ!!

ちなみに今は

暖房をつけている

かなり寒がりな奈実でした。


スポンサーサイト

寒い

寒いのが嫌い。

やっと暖かくなってきたのに

最近、寒い・・・。

寒いと眠いのだ。

動くのがちょっと面倒くさい・・・。

やばい。

やばいね・・・。

動かないとね。


早く暖かくなりますように・・・。

窓を閉めようとしたら虫が入ってきた。

奈実は虫が大嫌い。

ニャンが近くに居た。

ニャンに助けを求める。

「虫が~!虫が入って来ちゃったよ~!」

ニャン、虫に気付く。

とりあえず目で追ってみる。

虫、急下降。

ニャン、臭いを嗅ぎに行く。

虫、逃げる。

ニャン、目で追いかける。

ニャン、途中で見失う。

チビ、参戦。

ニャンコ達、虫がどこに居るか分からず

キョロキョロ。

ニャン、虫、発見。

ニャン、近よる。

チビ、見当違いの所を見つめる。

チビ、何故か鳴きまくる。

ニャン、重い体にムチ打って飛び上がる。

捕獲、失敗。

チビ、ニャンの近くに行ってみる。

ニャン、もう1回チャレンジ。

虫しか見えずにチビに着地。

チビ、焦って逃げる。

ニャン、3回目のチャレンジ。

こんな事を繰り返し、

虫は窓から逃げて行きました。

ニャンコ達はその後、

少しの間は虫探しに夢中だった。

が、しばらくすると飽きたのか

虫の事なんて忘れたかのように

普通の生活に戻っていました。

ブランケット

うちにはニャン専用の小さいブランケットがある。

最初の頃は無かった。

が、ある出来事をきっかけに買う決意をする事になった。

それは・・・

ある日の事である。

家に帰ると奈実のブランケットが居間に移動していた。

何故?

寝室にあったハズのブランケットが

何故に居間に移動しているのだ?

ポルターガイストか?

しかも上から見ると三角形みたいになってるし…。

とりあえず寝室に戻し、ゴハンを食べる事にした。

ゴハンを食べてると、何か引きずる音がしてきた。

ガザッ

ガザッ

ガサガサッ

時々止まりながら、

音が近付いてくる。

こわ~。

ゴハンを中断し、

近くに居たチビを抱きしめ、

音のする方を見ていた。

そしたらヤツの顔が見えた。

ニャンだ。

しかも口には奈実のブランケットをくわえてる。

フガフガ言いながら、

一生懸命に運んで来たらしい。

そして奈実の前まで運んで来た。

と、

ニャンは満足したのか、

ブランケットを放置して水を飲みに行った。

奈実はニャンが戻って来たら

ブランケットをどうするのか見たくて、

とりあえず放置しておいた。

ニャン、

全然戻って来ない。

やっと戻って来たと思ったらスルーした。

自分がフガフガ言いながら運んで来た物を

完全に無視したのだ。

そして2階へ。

ニャンよ、

運ぶだけで満足だったのかい?

それから何回も

奈実のブランケットは犠牲になっていた。

ニャン専用のブランケットを買った。

だって時々

Tシャツとかも犠牲になってたんだもん。

それらは決まって

上から見ると三角形になってるしさ。

今では自分専用のブランケットを

フガフガ言いながら

自分の良き所まで運んでスルーする。

そんな事を飽きずに繰り返している

不思議なニャンであった。

ポップコーン

映画を見に行った。

映画館、好き。

でもね、あんまり大画面だと酔っちゃうの。

だからお手軽な感じのサイズが良いの。

で、絶対にポップコーンを買う。

しかも、バターをかけてくれるやつじゃないとダメ。

バターが無い映画館には行かない。

ポップコーンにはバターでしょ?

でもね、ディズニーに行くと違うの。

キャラメルが好き。

匂いにやられる。

どんなに並んでても買う。

出来たてなんて最高♪

温かいし、湿気ってない。

エンドレスで、いくらでも食べれちゃう。

ポップコーン、

不思議な魔力のある食べ物です。

あっ、映画の話しはまた今度。

アジ

うちニャンコ達はアジが大好物。

それもお刺身じゃなく、

干物の方が好き。

ニャンコ達は袋の中に

自分の好物が入ってるかどうかが分かるらしい。

今日、アジの干物を買って来た。

家に帰ったらニャンコ達が寄って来る。

奈実にではなく、

袋に。

それからとゆうもの、

チビはずっっっと奈実の側を離れない。

ニャンはキャットタワーの上から奈実を監視。

さぁゴハンだ。

アジ、焼くぞ~♪

チビ、

これ以上ない位の大きな声で

「アジ~!

アジ~~~!!」

と鳴く。

ニャン、

キャットタワーから下りてきて

テーブルの側でスタンバイ。

チビは足元をウロウロして落ち着かない感じ。

ニャンはテーブルの側でジッと待ってる。

同じ環境で暮らしてるのに、

この差はスゴい。

やっとアジが焼けてテーブルに移動。

チビはアジしか見えていないのか、

ニャンにぶつかる。

ニャン、耐える。

2人に少しずつアジをあげる。

ニャン、

満足そうに毛繕いを始める。

チビ、

もっと欲しいとおねだり。

でも、あんまりあげたら病気になっちゃうから

あんまりあげれないのだ。

ニャンとチビ、

本当に正反対過ぎて面白い。

でもこんな2人が大好きです。

姫は自分の近くに奈実が居ないと

必ず奈実を呼ぶ。

起きた時、

奈実が見えないと呼ぶのだ。



  ニャッ!

  ニャッニャッ!!

  ニャ~ン!

  ニャ~~~!!

奈実

  はいは~い!

  ここだよ~。

  ここに居るよ~。

と、返事をする。

すると急いで

テッテッテッと

愛らしく駆け寄って来る。

そして

「頭、なでて~」

と、頭を凄い勢いでぶつけてくる。

なでなでするとゴロゴロ言いながら、

奈実の太ももに乗っかってきて、

また寝る。

この時はかなりカワイイ♪

しかし、

お風呂に入っている時は困る。

姫に呼ばれる。

お風呂の中から返事をする。

一応、姫、来てみる。

が、お風呂が大嫌いな姫は

「早く出てきなさ~い!!

私をなでなでしなさ~い!!」

と、いっちょ前に奈実を急がせる。

「え~。ゆっくり浸かりたいのに~。

仕方ない、上がろう。」

姫は奈実に水分が無くなるまで

遠巻きに見ている。

そして頃合いを見計らって

なでなでされに来るのだ。

ちょっとだけワガママだけど

ものすごくカワイイ姫。

またの名をチビと言う。

マイブーム

奈実はお菓子が大好きです。

でもフルーツも大好きです。

つい最近まではイチゴをひたすら食べてたなぁ。

でも今はアメリカンチェリーです。

今日、スーパーでアメリカンチェリーの計り売りをしてました。

もちろん買いっちゃいました。

自分で好きなやつを好きなだけ入れて

奈実、大満足♪

家に帰って美味しく頂きました♪

でもまとめ買いはしませんでした。

だって食べるなら新鮮な方が美味しいもん。

しばらくアメリカンチェリーブームが続きそうな奈実でした。

新バージョン

新しい爪研ぎを買ってみた。

今までは床に置くタイプ。

研ぐ所が段ボールみたいになってるやつ。

いつも古くなっても同じバージョンを買っていた。

何故なら、

三角コーンみたいな形のやつを買ったのに

全くもって見向きもされず、

1回も研いでくれずに捨てた・・・。

そんな辛い思い出があるからだ。

でも今回は勇気を出して

「新バージョン」を買ってみた。

三角コーンみたいなやつは

研ぐ所が段ボールみたいじゃなかった。

だから研いでくれなかった気がする。

今回のは段ボールみたいなやつだよ。

しかもちょっとだけ立体的。

斜めになってて、爪を研ぐ所も広々。

使いやすそう。

ドキドキしながらニャンコ達の前に差し出してみた。

ニャンコ達、警戒しながら匂いをフンフン嗅いでみる。

チビ、奈実の側に来て

「変なのあるよ~っ」

て教えてくれる。

ニャン、興味無さそうに古い爪研ぎに移動して

「なんだ?あれは?敵か?」

って感じで爪研ぎ開始。

あぁ、やっぱりダメ?

お気に召しませんか?

まぁ、しばらく置いとこ。

新しい爪研ぎよ、

また今度も1回も研がれずになんて事に…。

どこがダメなのかしら?

なんて考えてたら

バッバッバッ!

ニャンが研いでる~!

新しいバージョンのやつで研いでる~!!

感激~♪

今回は無駄にならずに活躍する予感がするぞ♪

おっ?

続いてチビもか?

バッバッバッ!

いいね~!

いいわよ~!

新バージョンにチャレンジしてみて良かった~♪

今度は段ボールみたいなやつで

新バージョンがあったら買ってきてみようと

思っている奈実でした。

天気予報の言葉。

その言葉を信じて、何回裏切られた事か…。

洗濯物を干す時、

奈実は自分の勘を信じます。

天気予報、必ず見ます。

降水確率、必ず見ます。

だけどね、

洗濯物をベランダに干すかどうかは

自分の勘を信じます。

大概当たる。

でもね、ある日、予報で言ったの。

今日は絶対に雨は降りませんよ~!!

って。

絶対?

絶対だな?

じゃあベランダに干すわよ。

奈実の勘は怪しいって出てるケド、

なにせ絶対だからね!!


降ったわよ。

雨。

降ったわよ。

2回言っちゃったわ。

でも、絶対って言ったんだから、

2回位言ったって良いわよね…。

だって、何だか腹が立つんだもの。

自分の勘を信じなかった奈実が。

乾いてただろう洗濯物が濡れている事が。

今後、梅雨になるのよね。

今度こそ自分の勘を信じよう。

でもね、天気予報は絶対に見るよ。

だって大概当たるからね。

スーパーマン

チビは奈実が家に居る時は

大体、近くに居る。

奈実が2階に行こうとすると

チビも共に来る。

急いでいる時は踏んでしまいそうだ。

今日はかなり急いでいた。

階段を駆け上ろうとした。

足元にはチビが!!

踏んでしまいそうだ!!

踏んづけちゃったら困ります。

なので抱っこする事に。

でも急いでいたからね。

いつもの抱っこと違う風に抱っこしたのね。

それは抱っこってゆ~よりも

持ち上げたって感じに近いかな。

チビ、ビビッたらしい。

階段を上ってる最中、ずぅぅぅっと

「次の段に手を付こうかしら。」

「あら?通過しちゃったから、次の段に。」

「あらら?また通過。次こそは・・・。」

って思いだったのだろう。

手から足までが一直線になってた。

思ったよりも長くて、奈実もびびった。

チビは奈実の手の中で

スーパーマンみたいになってた。

あっ、チビは女の子だから

スーパーウーマンだね。

脇腹

今日の朝、

何だか息苦しくて目が覚めた。

チビが奈実の脇腹に乗っていた。

いつもなら顔の横で寝ているのに

今日は脇腹。

奈実が寝ている時に横を向いたせいで

いつものスペースが無くなっていたらしい。

でも、何も脇腹の上って・・・。

何故だか分からないが、

チビはバランスの取りにくい所に好んで行く。

そしてユラユラ揺れるのが趣味みたい・・・。

変な子。

酔わないのかなぁ?

電車に乗って、座ったら眠くなるように、

何だか心地よいのかしら?

でもね、お家な中にはもっと沢山、

居心地の良い所、あるよ。

今度、紹介してあげるね♪

朝の日課

朝、起きる時に視線を感じる。

何だか、ものすご~く見られている。

またか!?

またなのか!?

そ~と目を開けてみる。

すると・・・

ドアから半分だけ、犯人の姿が!!

ニャンなのだ。

ニャンが見ているのだ。

ドアで体を半分隠し、

ジーーーッと奈実を見ている。

その姿は、まるで

「家政婦は見た」みたいだよ・・・。

しかも、オデブちゃんのせいか

一瞬、タヌキに見えてしまう・・・。

奈実と目が合うと

「やっと起きたか。」

って感じで、移動開始。

奈実が起きて付いて行くと

ちょっと不機嫌そうに早足になる。

「何?何付いて来てんだよ」って感じですか?

階段を一緒に下りるが、いつも競争になる。

起きたばかりの奈実の勝率は低い。

大体、ニャンが先にゴールする。

そしてゴハンの所で奈実を待つ。

そして奈実は2人にゴハンをあげる。

これが奈実の毎朝の日課です。

ゴハン

今日もニャンはチビにゴハンを横取りされていた。

ニャンとチビには同じ時に

それぞれ別のゴハンをあげている。

ニャンは持病があり、病院食。

チビは下の歯が無い為、粒の小さい物。

絶対にチビのゴハンの方が美味しいハズ。

でもニャンは文句も言わずに

きちんと病院食のみを美味しそうに食べる。

チビは歯が無いせいか

ゴハンはいつも「丸呑み」状態・・・。

その為、ニャンよりも早く食べ終わる。

チビは満腹中枢がおかしいのだろうか。

それとも味覚音痴なのだろうか。

ニャンの病院食を奪い取る。

病院の先生が言うには、

「普通のニャンコが食べても大丈夫」

らしいのだ。

だから食べていても何の心配もない。

でも自分のゴハンを横取りされ、

チビが満腹になるのをジッと待ち、

チビが食べ終わった後に

残り少なくなってしまったゴハンを食べ、

お皿を綺麗に舐めているニャンを見ると

ちょっとだけ切ない。

なので追加でゴハンをあげてしまう。


自分のゴハンを取られちゃっても

ジッと待てるなんて・・・。

ニャン、偉いなぁ。

ニャン、大人ですなぁ。



エスコート

チビのお話し。

奈実はチビが大好きである。

チビも奈実が大好きである。

いつも奈実の後ろを追ってくる。

時にはエスコートしてくれる時もある。

今日は階段のエスコートに一生懸命だった。

奈実は2階に行こうとした。

チビはシッポをピーンとたてて、

階段の1番下の所で待機。

奈実が階段の所まで行く。

チビは待ってましたとばかりに2~3段上り、振り返る。

か、かわいい♪

奈実、チビに着いてゆく。

奈実、チビと同じ段に到着。

チビ、また2~3段上り、振り返る。

奈実、着いてゆく。

そんな事を少し繰り返し、階段のカーブに差し掛かる。

チビ、すかさず 「ニャー。」

「カーブですよ~。気を付けて~。」

「うん。分かったよ、チビ。」

と、その瞬間、チビが階段を踏み外し、

アゴを強打。

「チビ、大丈夫か~い?」

と、問い掛けようと思ったら、

そんな間も無く、チビ 「ニャー。」

「ほらね。こうなるから気を付けて!!」

はい…。気を付けます。

その後も、チビにエスコートされ、

無事に2階に到着。

チビ、よく頑張りました

お花屋さん

いつもバイクで通る道がある。

その道中に素敵な発見。

かなり素敵なお花屋さんがあった。

今まで全然気がつかなかった。

そんなに大きなお店ではないけど、

店構えがかなり素敵。

お店からお花が溢れてて、

道にまで進出している。

でもかなり素敵なお花達ばかりなので、

駅前のチャリンコとかとは違い、

はみ出していてもイラッとはしないだろう。

その中でも1番目をひいたのは、

何とも不思議な色の紫陽花。

バイクに乗ってて、信号待ちの時に発見してしまった。

水色でもないし、薄紫色でもない。

でも奈実の好きな感じの色だ。

歩いてその道を通る事はまず無い。

なのでいつか時間に余裕がある時に、

ちょっとじっくり見てみようと思った奈実であった。

海!!

海に行きたい!!

季節はずれですか?

ですよね・・・。

でもそんなのは関係無いのです!!!

今の時期、海に行ったからって

サーフィンをやる訳でもなく、

ボディーボードをやる訳でもない。

奈実が海に行ってやる事といえば

浮き輪に乗って、プカプカと。。。

波に揺られて、ユラユラと。。。

時々波打ち際まで流されて、浮き輪から落ちて

海の中を、クルクルと。。。


今、行ったとしても海に入れないから

そんな楽しい事も出来ないケドさぁ・・・。

でも行きたいのです!!

よし!決めた!!

今月中に海、行くぞ~~~!!

5月、始まったばっかりだしね。

この願いは

叶いそうな予感♪

お風呂

最近かなり暖かい。

もう少し暖かくなったら

ニャンコ達をお風呂に入れようと思います。

チビはお風呂が大嫌い。

シャワーをかけるともう大変!!

「こ~ろ~さ~れ~る~~~!!!」

って感じで鳴きまくり、

しがみついてくる。

おかげで奈実には大量のミミズバレが生産されるのだ。

ニャンはお風呂が大好き。

シャワーをかけるともう大変!!

「もっと~!もっと~~~!!」

って感じで鳴きまくり、

シャワーに向かってくる。

おかげで奈実には大量のお湯が跳ね返るのだ。

この2人、

あまりにも違いすぎる!!

そんな所も大好きな奈実でした。

大掃除

あっ、ゴールデンウィークですね。

奈実には全く関係ないですケドね。

そんな奈実の本日の予定は

大掃除です。

なんだか心機一転したくてさ。

おじいちゃんと約束したしね。

大掃除してスッキリしちゃいましょう!!

いつもはやらない所を徹底的に!!

ベランダ掃除、窓拭き。

ピカピカになりました。

そして〆は

ニャンコ達の毛づくろい。

その後のサッパリしたニャンコ達を見て、

スッキリしたのは奈実だけじゃなかったみたい。

家族皆でスッキリの一日でした。

おじいちゃん

今日、おじいちゃんのお墓参り。

あいにくの霧雨模様。

傘をさしながらおじいちゃんに会いに行った。

お墓に着いた瞬間、

奈実は泣くかと思った。

おじいちゃんのお墓に綺麗なお花が咲いていた。

それも、たくさん。

まるでおじいちゃんが奈実を励ましてくれているかのように。

「頑張れ!頑張れ!!」って。

うん。ありがとう。

奈実、頑張るね。

ありがとう、おじいちゃん。

安眠

ニャンは我慢強い。

チビにゴハンを横取りされても

チビに安眠を邪魔されても

チビに訳も無くいきなりパンチをされても

絶対に怒らない。

ジッと耐える。

チビにはね。

奈実が相手だと話は少し違う。

奈実に安眠を邪魔されたら・・・。

(奈実は邪魔はしていないのだ。
 ただカワイイからナデナデしているのだ。)

最初のうちは寝たふり。

そのうちガンを飛ばし、

仕舞いにはため息をする。

そして場所移動・・・。

・・・。

何故?

何故なのだ?

同じ様に育てて来たのに~~~!!

チビはいつまでもナデナデされてるのに~~~!!

そんなにナデナデがイヤなのか?

でもね、奈実が爆睡してると

足元で寝てるニャン。

くぅ~!!カワイイ♪

チャンス到来!!!!

とりあえずお腹に顔、埋めます。

そして奈実はまた心地よい眠りにつくのでした。

お嬢

チビはお嬢だ。

ゴハンが食べたい時なんかスゴイ。

①ゴハンの場所の前に座る

②奈実の所に催促しに来る

③再びゴハンの場所の前に座る

④微かな声で鳴きだす

⑤大きな声で鳴きだす

⑥ゴハンが入っているディズニーのポップコーン入れの匂いを嗅ぐ

⑦ポップコーン入れを何とか開けようとする

⑧ポップコーン入れ、倒れる

⑨ひたすら倒れた物の匂いを嗅ぐ

⑩再び奈実の所に来てみる

⑪奈実に乗っかり、催促

⑫ゴハンの場所まで抱っこで移動

⑬奈実がゴハンを入れる

⑭入れてる最中にお皿に顔を突っ込む

⑮ちょっとだけ食べて満足

⑯お気に入りの場所で毛づくろい

毎日 ①~⑯、繰り返す。

でもね、いつも思う。

ゴハン、30分前に食べてたよね・・・。

さすが、お嬢だ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。